水と料理

水と料理の関係は強く、水によって料理の良し悪しが決まる程です。

 郷土料理はその土地で育った食材で、その土地の水で料理されるから、その場所に行かなければ、味わえない美味しさがあるのです。これには、土地の水のミネラルで育った食材というのがあげられます。それに加えて、郷土ならではの、料理方法が食文化の産物といえるでしょう。

 料理に使用する水は、カルキやカビ臭さがない水がベストだと思います。そしてカルシウム・マグネシウムのバランスが需要になってきます。カルシウムはお肉のたんぱく質と結合して、美味しさを閉じ込めることが出来ます。マグネシウムは、ご飯を炊く際、抗酸化作用や保水効果があるので、ご飯をツヤツヤ、ふっくら炊くことが出来ます。

 ミネラルと味覚についてわかりやすく説明すると、コーヒーに一粒の塩を入れるとします。すると味覚が変わります。 塩は産地によってミネラル成分がちがいます。そのため、コーヒーの味覚も変わってしまうのです。ミネラルは自然の調味料とう風にみると、郷土料理の美味しいさの秘密がわかります。
 


水と美容

© 水宅配ガイド<神戸市>. All rights reserved.